DSC_1693


くろ喜の新しい限定そばの情報が入るといてもたってもいられなくなる最近の私です。

前回食べた限定そばの花巻そばがおいしかったので、今回の新限定そばにも期待が膨らみます。

  • 定休日は水曜日の夜、日曜日、祝日
  • 夜の部は18時から開店
  • 行列必至。食べログ★3.88(2019.2.13)
  • 並び時は店員さんから食券を購入するように言われるまで外待ち
  • 塩そばが有名。醤油そばや限定麺のレベルもかなり高い
  • 不定期で銘柄が変わる日本酒がおいしい


開店前の17時50分くらいに到着しましたがすでに10人ほどの行列が。さすがです。

DSC_1689

開店してちょうど私のところまでが入店できました。

さて限定そばの食券と限定飯、日本酒の食券を購入です。

鱈・白子・三種の海藻の味噌そば  1800円

たら肝味噌葱めし  300円

日本酒  500円

しめて2600円なり。

ラーメン屋さんでの出費と考えると超高額に感じますが、くろ喜の芸術作品を味わいつつちょい飲みができると思えば安いも・・・安くはないです(*_*)

なんだか前回の花巻そばのときからくろ喜の料理にアートを感じるようになりました。芸術に関する知識は0ですが、見て楽しい・食べておいしいはスペシャルに感じます。

DSC_1690


まずは日本酒の登場です。

昇龍蓬莱(しょうりゅうほうらい)きもと純米


DSC_1691

神奈川県のお酒。
初めて飲むので楽しみでした。

飲んだ感想としては、超辛い!そしてほどよい酸と濃厚な味わい。
これは一杯で酔います。

大将の黒木さんはこの日本酒を今回の限定そばの味噌に合わせてチョイスしたらしい。合わせるのが楽しみ。

ちなみに

DSC_1641

前回は青森の陸奥八仙でした。
ラーメン屋さんでいろいろなおいしい日本酒と出会えるのは嬉しいです。

DSC_1692

そして

たら肝味噌葱めし

がやってきました。
肝の濃厚な味を期待しましたがネギが強くて味がよくわからずでした・・・。
この後やってきた限定そばの味噌スープとは相性が良かったかなと思いました。

DSC_1693

さてメインの

鱈・白子・三種の海藻の味噌そば

の登場です!

DSC_1694

味噌スープをベースに三種の海藻と鱈、白子、生姜、糸唐辛子で彩り鮮やか!
そして立体のある盛り付け。
やっぱり芸術的です。

DSC_1695

麺は前回の花巻そば同様にだるま製麺の手揉み麺。ぷりっぷりの食感がたまらない。

三種の海藻がそれぞれ味、食感が異なり、違いを楽しみつつ、後半は海藻と生姜が混ざり溶け合った海を感じる味噌スープで体が芯から暖まりました。汗がとまらない(笑)

そして白子は最後までとっておいてフィニッシュに日本酒とともに〆ました。

味噌のスープと昇龍蓬莱の相性も良かったです。あっさり目の味噌の味に溶けた海藻の味をまとった独特の味噌スープに負けない辛口日本酒。喧嘩するかと思いきやおもしろい組み合わせ。

今回の限定そばもくろ喜の大将ブログで作り方が公開されております。

くろ喜の大将ブログ:「鱈・白子・3種の海藻の味噌そば」の出来るまでま〜(^O^)/

そして気づく、くろ喜の大将ブログでは白子が2つですが私の食べた限定そばでは白子がひとつでした。

減った?それとも私のだけ?

何とも言えないモヤモヤ感が残りますがおいしかったのでオーケーです。

また限定そばがでたら食べに行こうと思います。

くろ喜さんごちそうさまでした。


★東京食べ歩きランキングはこちら。応援クリックお願いします★ 
にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
★にほんブログ村ランキングはこちら。応援クリックお願いします★
スポンサードリンク